バイクジャケットに関する情報サイト

夏用ジャケットにもプロテクター

夏用ジャケットにもプロテクター 夏用バイクジャケットは、炎天下で熱せられたアスファルトの上を走ることになりますから薄くて通気性に優れている方が良いです。ただ、それだけだとバイクを運転するときには、いつ転倒したり接触したりするかわからないので、プロテクターを取り付けておいたほうが安全です。
プロテクターにも季節に合わせたものがあるのかというと、メッシュ構造になっており通気性が高い商品があります。ですから、それを取り付けておけば、何もしていないときに比べて安全です。とはいえ、メッシュ構造にしていることで強度などは落ちてしまうので、その点はよく理解した上で使用したほうが良いです。なお、バイクジャケットと一体になっているタイプもありますが、それだと休憩中などに取り外すことはできません。少しでも体を冷やしたいのであれば、別々になっている方が良いです。それから素材はハードとソフトに別れますが、どちらにしたほうが良いのかは運転のしやすさを自分で確認して決めましょう。身を守るということではハードにしておくほうが安心ですが、動きにくくなったら事故が起きる恐れがあります。

冬でもジャケットやプロテクターを使って快適

冬でもジャケットやプロテクターを使って快適 冬にバイクを乗る場合は寒さ対策をしておかないと地獄です。普段車にしか乗らない人は分からないと思いますが、バイクは冷たい風を受けて走行しているので対策をしないとどんどん体温が低下していきます。夏場であれば薄着でもOKですが、気温が低い時期はジャケットの中に薄手のダウンジャケットを着用したり、熱を逃がさない素材の肌着などを数枚重ね着するのがおすすめです。
安全のためのプロテクターですが、これは意外と暖かいので装着した方が良いです。競技などでは必須ですが、街乗りでは格好悪いと言って装着しない人も多いです。意外と冷えるのが手元や足元です。デザイン性も大事ですが、機能性と防水性も重視しなければいけません。手元や足元が雨で塗れてしまうと一気に寒くなるので、防水性が高いグローブとシューズは大事です。寒いのが苦手な人はマフラーをまいたり、熱を発するアイテムを身に着けておくと良いです。フルフェイスのマスクの下にマスクをしておくと少し顔も暖かいです。

新着情報

◎2022/9/7

情報を更新しました。
>バイクのジャケットで人気ブランドとはどんなものか
>女子向けのバイクのジャケットを購入するには
>バイクジャケットを前面に出したおしゃれコーデ
>バイク用ジャケットをオンラインで購入するデメリット
>バイクのジャケットは素材ごとに価格が大きく異なる

◎2021/8/2

おすすめのバイクジャケット
の情報を更新しました。

◎2021/6/4

バイクジャケットの人気メーカー
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました